コスパを考えて中古デミオを選んだものの燃費がダメだった

通勤の為に車がないと不便なので、探し始めました。

燃費のいい車でないと、会社からの通勤手当では元が取れない為、燃費中心に探しました。

予算があまりなかったので、中古車限定にして燃費のいい車をピックアップして見に行ったりしました。その中でマツダのデミオが購入価格・燃費共に満足のいくものでしたので購入する事にしました。

試乗はさせてもらったのですが、燃費までは分からなかったと言うのが実態です。

購入を決めてからはカーナビの取り付けや、タイヤの交換などこちらの要求には低価格で対応してもらえました。

自動車保険は購入した自動車修理会社から加入しました。提携の保険屋さんは迅速に対応してくれ、何度も足を運ぶこともなくてとても助かりました。

当初はネットで自力で探し、自動車保険見積もりプレゼントなどのプレゼントに踊らされていましたが、担当者などがおらず全て自分手契約しなければならないため少し大変な印象でした。

しかし、実際に乗り始めて車の燃費がカタログとはかけ離れたものだった事が分かりました。

もともと修理会社から購入したわけですから、すぐに点検してもらいましたが特に不良個所はないとの返事しかもらえませんでした。

運転の仕方によっても違いが出るので、荒っぽく運転しないほうがいいですよとまで言われてしまいました。

購入価格の事を考えれば仕方のない事かもしれませんが、通勤のガソリン代が当初予定の1.5倍になってしまったのは大誤算でした。

新車でも個体差があり燃費性能にはばらつきがありますが、中古の場合は更にそれが激しい気がします。

修理工が見ても分からない様な箇所が原因で燃費が落ちていると、修理の可能性があっても対応してもらえないとか不便な事が多いです。

燃費は購入してからでなければ実測するのは不可能なので、メーカーのカタログを信用するしかありません。

中古の場合はメーカーのせいにしたりで、そこまでの保証はしてくれませんのであきらめるしかありませんでした。

次の機会には新車で燃費の信頼性の高い車種を選ぼうと思っていますが、まだ資金を貯めている段階なので具体的な候補はありません。

一度出来てしまった不信感はなかなか拭えないもので、燃費の情報に対しては常に懐疑的になってしまいました。

友人などの話では個体差で起きる燃費については新車でも対応してくれないとも聞かされてしまいましたので、EVか軽自動車しかないのかもとも思っています。

もともとの性能が段違いならば多少の個体差も関係なくなるだろうとの考えからです。それを考えると少し楽しみには慣れるのですが、元手がいる事ですからそう簡単ではありません。

でも必要なものですから、高性能低価格の車が発売されるのが待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です