10万キロのトヨタbBを約20,000円で売却しました

私は15年以上乗っていたマイカーを売却しました。

マイカーを売却した理由としては、これまで乗っていた期間がおよそ 17年とかなり長かった事と車の老朽化が進んでおり新しい車に買い換える必要があったためでした。

新しい車に買い換えるにあたりこれまで乗っていたマイカーを売却する事になりました。私が乗っていた車の車種は、トヨタのbBで走行距離はおよそ100,000キロでした。

車自体の故障はこれまで1度もなく修理履歴もありませんでしたが、ヘッドライトカバーやボディーの色褪せが進んでいる状態でした。

車の内装に関しては17年乗っていましたがとても綺麗な状態でカーナビも正常に動作していました。

そんな大事に乗っていたマイカーですが、新車に買い換えることが決まりいよいよ買取査定をする事にしました。

車の売却に伴いどこに買取査定をしようか検討していましたが、新車を購入する店舗に査定をしてもらいました。

査定の評価額としては、17年という年数が経っていることや老朽化している部品もあるため20,000円程度の評価額でした。

中古車の買取店舗にも査定に持っていきましたが、買取評価額としてはほぼ金額が変わらなかったため新車を購入する店舗に売却することを決めました。

新車を購入する店舗に売却するメリットとしては、店舗まで自らマイカー運転していきその場で売却して新車に乗って帰って来る事が出来るため車両の運搬費用等が必要なくなるメリットがあります。

車両の運搬費用だけでも20,000円程度必要となってしまうため運搬費用を削減出来ると言う意味では新車購入店舗への売却はメリットがあると思いました。

私のマイカーの場合は、購入時は現金で購入したためローン組んでいなかったこともありローン残額もありませんでした。

買取査定額の評価額については、自分が考えていた金額よりも低かったのですが手間を考えると新車購入店舗への売却が最も楽だと考えたためそのまま売却する事にしました。

車の売却については特にトラブルもなくスムーズに売却する事が出来ました。

車の買取査定を行う場合には、あらかじめしっかりと洗車をしたり座席シートを清掃したりしておくだけでも評価額がアップすると思います。

また、車の取扱説明書や周辺アクセサリーもしっかりと保管しておくと評価額が良くなるため査定を考えている場合は、取扱説明書の保管などをしっかりしておくと良いです。

以上が私がマイカーの売却をした際の体験談でした。大切な愛車を売却するので少しでも高く買い取ってもらいたいと言う方が多いと思います。

良い評価額を得るためには、まずは車を綺麗にしておいて買取査定を受けることが大切です。

また、車を買い取ってもらう店舗選びですが時間に余裕があるのであれば数店舗で査定をしてもらうと良いです。

私のように年式が古い車の場合は、数店舗で査定しても同じような金額になるケースが多いですが、年式が新しい車や人気のある車の場合は出来るだけ複数店舗で相見積もりをすると良いと思います。

トヨタの旧車であるタウンエース・ノア売却処分しました、

現在は息子に譲ってしまいましたが、街中で自営業をしていた元店主の67歳の男性です。

自営業であるために自家用車としてもそうですが、仕事用としても永らく乗っていた車を遂に処分売却しました。

車種はトヨタの「タウンエース・ノア」という車であり、新車で購入してからほぼ18年ほど経った登録年数が平成12年度ということになります。

走行距離も18万キロメートルを超えたとされますから、かなり年代物になったということは事実ですし、当初は当然ながら「廃車」のつもりでいました。

尤も、トヨタのタウンエース・ノアといえば現在は製造されていませんが、其の車の後継車として「ノア」とか、「ボクシー」という車が発売されて、これらの車が今は一般的になっているようです。

其のために当初はこれらの後継車を購入しようと思いましたが、今回はワンランク上のミニバン車を選んでみたのです。

其の次回の購入予定だったワンランク上の車は、やはりトヨタのミニバンのワンボックスカーですが、今回はあまり予算もないのでトヨタの中古車センターで比較的程度の良さそうな「アルファード」という車種の中古車を予定していたのです。

さて、其の次期購入車の商談中においてタウンエース・ノアの廃車を依頼しようとしたところ、若い係員が「此方では勿論、下取りとしての値段はつかないでしけど。その代りと言ったら何なんですけど廃車の処分は無料できますよ」というのです。

そして更に、「此れは内緒ですが、他の中古車買取店へ持ち込めば、幾らかの値段がつきますよ。特に廃車の場合なんかはネットでもいい値で買ってくれますよ」というのです。

若い係員の折角の配慮に感謝しながらも、早速、家の近くのところにある「カーセブン」という中古車買取専門店へ持ち込んだのです。

そして、簡単な見積もりをして貰いましたところ、「トヨタ車でもあり、年式が古い割にはソコソコ程度も良いので 8万円ほどになりますけど」と丁寧に言うのです。 勿論、予想外の嬉しい値段の査定が出たのです。

因みに、試しにネットの「中古車一括査定買取」などに、其々の車のデータを書き込んで問い合わせしたところ、直ぐに見積もり価格が返ってきましたが、金額的には当初査定された金額と大差はなかったのでした。

更に、他の中古車買取店へも持って行って査定してもらおうと思ったが、当初の係員の比較的親切な方で、其の心意気に甘んじて結局は8万円で此方のお店へ売却したのです。

やはり、廃車しようと思った車が予想外の値段で売れたことに先ずビックリでしたが、先の若い中古車センターの係員には先ずもって感謝の気持ちですね。

ところで、永らく乗っていた手持ちの車をイザ手放すには、何と言っても先ずは出来るだけ高値で買ってもらいたいと願うのは当たり前のことでしょう。

今回は筆者の場合は一社のみの見積もり査定で終わってしまいましたが、一般的には買取業者は一社ではなく数社に見積査定をしてもらった方が良さそうですね。

其処で比較検討してより高値で売却できれば其れにコシたことはありませんね。業者によって値段の差がでるのは色々とあるでしょうが、それは業者の事情も異なるからでしょう。

何れにしても、大切に乗っていたマイカーだからこそ売却処分(買取ってもらう)する時には少しでも高く売りたいと思うのは当然であり、それは愛車を手放す人の願いでもあります。

そして、その為にも処分する前には出来るだけ洗車などして車を綺麗にして手放すのもその人の心意気というものでしょうし、結果として100円でも1000円でも高く買ってくれるコツかもしれませんね。

介護のために「200系型3型ハイエースバンスーパーGL」を売ることに

私は現在40歳です。私が売却したのは200系型3型ハイエースバン スーパーGLの標準ボディで、2人目の子供を出産する前に購入し、ベッドキッドを装備してアウトドアを楽しめるような仕様にしていました。

もちろん子供達もハイエースは気に入っていましたが、燃費も悪くだんだん乗り心地が悪くなってきたのでそろそろ乗り換えないといけないと思っていた矢先、私の父親が脳梗塞で倒れてしまい、しばらく入院することになりました

それまで父は自分で車を運転し、孫達をいろんなところにつれていってくれていましたが、もうそれもできなくなってしまいました。

幸い父は意識も回復し脳梗塞自体は回復しましたが、右半身麻痺になってしまったためもう車を運転することはできなくなってしまいました。

私の家から実家までは車で10分程度の距離ですが、母は運転ができないので何か買い物に行ったり、父を病院に連れて行くこともあるため5人乗りのハイエースでは問題がでてきました。

特にハイエースは右半身麻痺が残った父は乗り降りがしにくいようで、もう少し低めで乗り降りがしやすい車に買い換えることにしました。

車はがんばって一括で支払っていたのでローンはなく、どのくらいの値がつくのか知りたかったのでいろいろとネットで調べました。ローン返済中の車を売るのは残債分をどうするかなど、大変みたいですよね。

ハイエースは20万km乗っても高く売れる、20年落ちのハイエースが100万円などというのを見て、もしかしたら我が家のハイエースもそこそこ良い値段がつくのではないかと少し期待しました。

最初はディーラーで下取りしてもらおうと考えていましたが、ディーラーの下取りよりも中古車買取専門店の方が50万円ほど高く売れる場合があるということを知り、一括査定見積サイトを利用して査定してもらうことにしました。

一括査定サイトは数社同時に査定してもらうことができるので、一社一社訪問する必要もありませんし、1日で数社の買取専門店に査定価格を提示してもらうことができるので、より高い金額の買取専門店に売却することができます。

一番高かった査定額は128万円でした。

当初100万円もあれば上出来と思っていましたが、まさかそれ以上の値がつくとは思わずびっくりしました。

ネットで調べると200系ハイエースは中古車市場では人気が高く、需要が多いということで高値の査定価格がついたのだと思います。

以前ディーラーに行く機会があったときに、今下取りしたらどのくらいの値がつくのか聞いたことがありましたが、そのときはついても40万円くらいだと言われていたので、まったく金額が違うことに驚いています。

ハイエースなどのバンタイプは海外で人気があるようで、海外輸出の方が高く買い取ってくれる場合もあるようです。

ディーラーとそれほど金額が違わなければディーラーで下取りをしてもらい、7~8人乗りのワンボックスカーを購入しようと思っていましたが、大きく金額が違ったのでもちろん買取専門店で売却することにしました。

そのおかげで7人乗りのエルグランドを購入することができ、父も乗り降りしやすく乗り心地も良くなりました。

希望額では売れないことが多い。ジムニーのランドベンチャー2014年モデル。

私が車を売った理由は新しいバージョンの車が発売されて旧式の車に乗り続ける意味がなくなったからです。ローンは組んでいないためありません。

車の売却先を探した方法ですが、車の一括査定サイトを利用して車の査定をして車を売りました。私の所有していた車は軽自動車のジムニーのランドベンチャー2014年モデルです。2018年に出る四角いほうのジムニーに乗り換えるため、前のジムニーを手放したわけです。

希望価格で売ることができたかどうかですが、実際の思っている価格よりも20万近く低い価格での買い取りになり、80万円くらいでした。

私が思っている値段は100万くらいで売れると踏んでいましたし、実際一括査定サイトで情報を見ても100万からの買取だったため、それくらいで売れるといいなと思い、実際にディーラーが来て査定すると20万円引かれました。

商談の際にトラブルはありました。そのディーラー、難癖ばかりつけて、とにかく車を値切ろうとするのです。

その癖、私が車を売るのをためらい違うディーラーに来てもらおうとすると引き止めるという対応をしてくるので正直、腹が立ちました。私はこのディーラーには車は売りませんでした。

次のディーラーで車を売りましたが値引きはされてしまいましたが5万円惹かれただけでしたのでそちらのディーラーに決めて売りました。

自分は今年で34歳になるのですが、正直車を売ることは毎回慣れていますが、最近の車を買い取るショップはしつこ過ぎます。

自分の買い取りたい値段で売ってくれるまで居る業者もいましたし、有名な買取店、例えばビックモーターとかが売ってくれるまでずっと居ましたね。私が他のディーラーで車を売るところまで見届けてから帰るわけです。

正直な話、他人がどんな値段で買い取るかを見ても自分のところがその値段で買い取らないのだから意味はないだろうと思います。

それでも、他者の買取金額を調べてもその値段で買い取るとでも言えば私は難癖ばかりつけてきたディーラーに売ったと思いますが、それすらせず、私が買取をしてもらったディーラーが私の車を買い取ったのを見届けてからどっかに行くのですから、時間の無駄をしているディーラだなとしかいえませんね。

そういったディーラーが最近多くて特に大きな会社のディーラーほど、他社の買取を見届けてから帰ったりします。私としては何で居るんだといえるタイプの人間ではないので仕方なく何も言いませんでしたが常識がないと思いますね。

これから車を売却しようと考えている人がいるなら、希望額ではまず売れないことを知るべきですね。で、大きな会社ほど値引きを強引にしてきますので売りたくないと思ったら帰ってもらったほうがいいですね。

居座るタイプのディーラーも私が経験したように居ますので注意が必要になります。希望額の許容範囲は人それぞれですが私としては10万円くらいが自分の中での誤差でそれ以上だと売ることはまずないです。

長年乗った愛車を売りました

私は学生の卒業間際に教習所に通って免許を取得したのですが、周りの友人達がすでに教習所に通っている中で一人遅れていました。お金がなかったのもあったのですが、どこの教習所に通えばいいのか考えていました。

仮免も実技で一回落ちてしまい教習所の先生からはオートマ車限定での免許取得を、進められたれたりしました。自宅にある車は全てマニュアル車ばかりで、何としてもマニュアル車での免許を取らなければなりませんでした。

本試験もことごとく落ちてしまい、やっと受かったのは5回目の試験を受けた時でした。余りにも落ちすぎて途中で挫折しかけたほどです。周りの友人達は早く教習所に通っていたこともあって、私が試験に受かった頃には皆車に乗っていました。

新しい車を買って貰ったと言う友人達が、羨ましかったです。私はと言うと当然自分の車など買えるお金もなく、しばらくは両親の車を借りて運転していました。

自分の車を手に入れることが出来たのは、それから二年ほど後のことです。そして、30代半ばまで乗っていました。売ることにして新しい車に変えたのは最近のことです。

若い頃から運転が下手で、自損事故ばかりしていて車を傷つけてばかり、今だにお金がないのは変わらないのですが、もう十年以上も乗ってきたため、変えることに決めました。

この車は新古車で買った車だったものだったのですが、私がローンを嫌いなため一括で買った車でした。そのため愛着も沸いていました。傷をつけてしまうことが多くても直ぐに修理に出して直していたりもしました。

修理はいつもこの車を買った車屋さんで見てもらっていました。ディーラーとは違って小さな個人の会社なのですが、売却の相談もそちらにお願いしました。

初めはいくらかでもお金になってくれれば、とお願いした相談だったのですが、外装も古く廃車になる可能性が高いと言われました。パーツで売れる部分ば出るかもしれなけど、余り期待はしないで欲しいと言われました。

長年乗って来た車なのでもし、金額にならなくても仕方のないことだとは思っています。本音を言えば、売れてくれることは期待していますが、そう上手くは行かないです。

今回知り合いの長年お世話になっているお店にお願いしたため、特に不満を感じたこはありませんでした。ですが、いざ車を売却する時どこにお願いすればいいんだろうと、考えるとふと不安になります。

他の皆さんはどうしててるのでしょうか、知りたいです。車を買い換えたり、売却したりしたことがないとわからないものです。

売却する時は自分の信頼できるお店にお願いするのが一番いいことだと思います。値段の査定に関してもしかりしてくれるはずです。車の買い取り金額を高くしたい場合は、余り長く乗らず、車に負担がかからない内に売ってしまうことだそうです。

そうは言っても買ったばかりの車を直ぐ売るなんてことは、中々できることではありません。今回の私のように十年以上とか車に負担を賭ける行為は止めるべきです。